連帯労組武建一委員長 逮捕について

未分類

残夏の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

早速ですが、平成30年8月28日早朝に滋賀県警組織犯罪対策課が連帯労組執行委員長の武建一を恐喝未遂の容疑で逮捕しました。
連帯労組が組織犯罪集団であると、社会的にも認識された出来事ではないでしょうか。

当協同組合は輸送会社の協同組合一本化の話が浮上した折、様々な懸念要素を踏まえ、連帯労組とは一線を置く輸送会社の集まりとして組織された協同組合です。
立上げ時には不安もあり、四苦八苦することもありましたが、その時の判断は間違いではなかったと改めて確信致しました。
当協同組合の中には、今もなお連帯労組に苦しめられている社があります。
この問題に執行部はじめ全組合員が一丸となって引き続き取り組んでまいります。
また、これを機に生コン関連輸送業界が更なる安定化・正常化することを強く望むとともに、しがらみのないクリーンな組合運営を目指します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧